私が目が疲れた時に行っている対策は、目の運動と軽いマッサージと温める事の後にアイシングをすることです。
その方法は、目の運動の前に「ウォーミングアップ」と同じで、温まっている方が動きやすいので、「目を閉じて『蒸しタオル』などを閉じた目に当てます。」その後に目の運動ですが、眼球を右、左と動かした後、上、下にも動かして、最後に眼球を「グルリッ」と一週回します。これを瞼(まぶた)を閉じた状態と開いた状態でします。その理由は、瞼(まぶた)を閉じた状態と開いた状態とでは、感覚的には同じですが、目玉を動かす筋肉の活動が変わってきますので、2種類します。
次に「軽いマッサージ」ですが、このやり方は、瞼(まぶた)を閉じた状態で、指を使って、軽く押さえて(1円玉を軽く触れて床で滑らすような感じ)、「クリクリ」と言う感じで擦るようなマッサージをします。ここで注意点です。感覚的に分かるとは思いますが、この方法を行う時には、自分で行うようにして下さい。他人が行ってしまうと強さの下限が分からずに怪我に繋がってしまう可能性があります。
マッサージが終わったら「アイシング」です。「ウォーミングアップ」でも行った「温める方法」と同じように「目を閉じて今度は『蒸しタオル』ではなく、袋に氷を入れたもので、『アイシング』」をしていきます。
最後に、身体を動かす運動と同じ目的のことをしています。

 

 

⇒めなりの口コミはコチラ